あずき茶.COM/株式会社 遠藤製餡
Contents
トップに戻る
あずき何でも学校
あずき農園
あずき工房
オーガニック研究所
レストランバー「akane」
特定商取引法に基づく表示
プライバシー・ポリシー
オーガニック・カンパニーENDO
お問合せ
リンク
サイトマップ

ようこそ!オーガニック・カンパニーENDOへ。

オーガニック・カンパニーENDO

Vision

無垢な大地から生まれる自然の恵みを、
そのまま、安全と安心とおいしさとして、お届けしたい…。
これが私ども「オーガニストENDO」の願いです。

その活動は、
健康的な食品のご提供であると同時に、
健やかな食生活のご提案でもあります。

さらにスローフードへ…。
古くて新しい、昔ながらの自然と結びついた日本人のスローフードとそのライフスタイル。
オーガニックの延長線上で、こうした食文化にも貢献したいと考えています。

ENDOは、オーガニック・カンパニーとして、
今までにもまして、
食と食に関わる人々にとっての文化と生活のあり方を見つめ、
明日に向けて確実な歩みを重ねていきます。

History

伝統の技と、進化するテクノロジー…。
あずきに象徴される「食」の"温故知新"の精神を、社会へ標榜すること…。

これが私ども「オーガニストENDO」の道程でした。

1950年の創業以来、私どもは日本人の食生活にとけ込んでいたあんこを中心に、
様々な商品の開発・製造に務めてきました。

1984年には、時代と市場の求めるヘルシー志向のニーズに応えるため、
業界に先駆けて「低糖度餡」路線を目指しました。

この「甘さを控えたあんこ」の製造は、
その分、微生物対策の徹底という課題を伴うことになり、
業界からも注視されながらスタートしたという、エポックメイクな出来事でした。

微生物対策は、
機器の洗浄と滅菌の徹底と、原料あずきの耐熱菌の加熱処理により達成しました。

さらに、おいしさのあくなき追求のために、製造設備に何度も改良を加え、
時には独自の設備も開発しました。
あずきが一層おいしく炊ける「専用釜」なども、その成果の一つです。

自然食品ブームが起こる以前から「オーガニック食品」には着手し、
それまで培ってきた製餡の技術に新たな製造方法を加えて、
1997年、その商品化が実現できました。
これにより、一層の「安全」「安心」「おいしさ」と、さらに「健やか」がお届けできるようになりました。

その証として、2000年にあんこ製品としては初の「有機JAS」の認証を受けました。

ENDOのオーガニックのルーツは、おいしさと低糖度餡の開発との関係にあります。
餡の糖度が低いと、その分、原料豆の味がストレートに出ることになります。
原料豆の良し悪しがおいしさの決め手であり、したがって、
よい原料豆探しはオーガニックに辿り着く結果となったのです。

あずき製品、それぞれのおいしさに最も合う品種を、私どもは模索し始めました。
その訪ねた先は海外諸国に及び、
まさにオーガニックの"あずきロード"を遡る旅となりました。

そして、私どもの求めている答を、
その国その国の自然のままの土壌と栽培法による「オーガニック農法」に、見い出すことができました。

そして、いよいよ「あずき茶」の誕生です。
「あずき茶」は健康を志向する清涼飲料水であり、
また新しいお酒の飲み方が実現できる素材でもあり、
混ぜて炊飯ができるという「食」の用途までも持った、
古くて新しい、健康飲料です。
それは、スイーツを中心としてきた私どもの従来の商品の範疇を超え、
食生活とより深く関れ、身近になれる飲料と言えます。
それは今後のENDOを象徴できる存在ともなりました。

私どもが「オーガニストENDO」として"形にしたいもの"は、まだまだたくさんあります。
これからの、私どものチャレンジにご期待ください。


社名:株式会社 遠藤製餡

代表者名:遠藤真一

事業内容:

1.生餡・練餡の製造販売
2.樹脂カップ・缶・レトルトパウチのデザートおよび惣菜類製造販売
3.缶飲料の製造販売
4.有機製品の製造販売

所在地:

本社 171-0021東京都豊島区西池袋3-12-8
   TEL03-3986-2621(代表) FAX03-3980-1114
工場 〒189-0003 東京都東村山市久米川町5-36-5
   営業本部TEL042-391-6215(代表) FAX042-391-6739
   工場事務所TEL042-391-6205(代表) FAX042-395-1658
関西営業所 東北出張所 名古屋出張所 九州・四国出張所

資本金:10,000,000円

創業:昭和25年7月

加盟団体:財団法人 日本製餡協同組合連合会